永田町便りの一覧

  • tayori35

    永田町便りVol.35

    「ウクライナ大使招き講演」「大使『領土問題 強く主張を』」

    浜田和幸議員が主催する『第4回国際政治経済セミナー』が2月23日、参議院議員会館講堂で行われ、約200人が聴講に訪れました。
    今回のゲストはウクライナ大使のイーホル・ハルチェンコ氏と、同国の中央選管公式オブザーバーも務めた岡部芳彦・神戸学院大経済学部准教授。
    テーマは、内戦状態が続くウクライナ情勢。
    直前の15日に独仏の働きかけでロシア側との停戦合意が発効したばかりですが、ウクライナ東部では合意後も紛争が続いており、世界中が注目している中で、今後の同国の行方や日本の国際支援について話し合われました。

  • tayori34

    永田町便りVol.34

    「通常国会がスタート」「2月23日にウクライナ大使招きセミナー」

    1月26日、通常国会が開会しました。これに先立って、次世代の党は総選挙の結果を受けた新体制の執行部を発足。
    来る4月統一地方選での捲土重来を期し、浜田議員は選挙対策委員長として陣頭指揮を執ることになりました。
    1月30日には第一次公認・推薦発表を行い、北は北海道議選から南は福岡市議選まで公認37名、推薦10名の計47名の候補を発表しました。

  • tayori33

    永田町便りVol.33

    「選挙戦を振り返る」「結党4か月、党名PRが課題」

    12月2日に公示された衆院選は14日に投開票が行われ、与党の自民、公明両党は325議席を獲得し、定数の3分の2(317)を上回りました。次世代の党は19議席だった公示前勢力を大きく下回る2議席の獲得に留まりました。
    次世代の党は「正しいことは正しい。間違っていることは間違っている」として、是々非々の立場を強調し、自民党でも民主党でもない第3極の選択肢をアピール。
    選対副本部長を務める浜田和幸議員は、「希望の経済」と題し、日本の伝統や技術を活かすエネルギー、食糧、環境政策を訴えました。

  • tayori32

    永田町便りVol.32

    「次世代の党に入党」「シュバイツァー賞を受賞」

    浜田和幸議員は11月20日、衆議院議員会館で「次世代の党」の平沼赳夫党首や江口克彦顧問、藤井孝男総務会長と共に記者会見を行い、入党を発表しました。
    昨年3月に国民新党の解党後、1年半に渡って無所属で活動してきましたが、「数の論理」が優先される永田町にあって、これまで培ってきた知識や経験、国内外の要人とのつながりを最大限、国政に反映すべく、個人から政党活動へと大きく舵を切ることになりました。
    政策の軸がしっかりしている次世代の党の一員として、同志と共に国難に立ち向かう決意を新たにしています。

  • tayori31

    永田町便りVol.31

    「安倍首相と予算委で討論」「白頭山の噴火予兆に警鐘」

    臨時国会が9月29日、召集されました。10月8日の参議院予算委員会では、今国会の主要テーマと言われるアベノミクス第3の矢である成長戦略、とりわけ地方創生や女性活躍、大型カジノ施設についての質問が各会派から安倍内閣に向けられました。
    9番目に質疑に立った浜田和幸議員は、9月27日に御嶽山が噴火し、死者・行方不明者が増え続け、火山活動の活発化が不安視される中、未だ国内ではほとんど注目されていない北朝鮮の白頭山に噴火の予兆があることに対し、政府の認識を質しました。

  • tayori30

    永田町便りVol.30

    「臨時国会控え情勢報告会」「各国大使と日々交流」

    日頃から支援して頂いている後援者の方々に感謝を込めた昼食会が18日、参議院議員会館の議員会議室で行われました。
    9月29日から11月末までの63日間で予定されている臨時国会を目前に控えた情勢報告会も兼ねており、時々刻々と変化する国内外の政治状況をテーマに活発な意見交換が行われました。

  • tayori29

    永田町便りVol.29

    「5・6月多彩なテーマで連日質問」「核のゴミ問題も問う」

    6月22日で150日間の会期満了により閉会となった第186回国会。内閣提出法案の閣法は81本のうち79本が成立し、成立率97.5%で、2007年の第1次安倍政権以来の90%超えとなる“実り多き”国会となりました。
    5月から6月にかけても、浜田議員は様々なテーマで質問を行いましたので、概略をお伝え致します。

  • tayori28

    永田町便りVol.28

    「程永華大使招きセミナー」「両国は一衣帯水 未来の視点を」

    浜田和幸議員が主催する『第3回国際政治経済セミナー』が6月16日、衆議院の施設である憲政記念館で行われ、約500人が熱心に参加。
    日中関係が戦後最悪とも言われる中で、程永華・中国大使を招いたことも内外から大きな関心を集め、予定の2時間を超える白熱した展開となりました。

  • tayori27

    永田町便りVol.27

    「アラブ諸国から特別表彰」「国家公務員法改正案が可決」

    在京アラブ諸国大使館共催による「アラブ・ウィーク」の開会式が4月7日に東京・港区で行われ、浜田議員が特別功労表彰を受賞しました。
    外務大臣政務官として欧州・中東担当となった2011年9月からアラブ圏との関わりを深め、チュニジア国政選挙監視団長として現地で指揮を執るなど、何度もアラブ諸国を訪れて技術提供や情報交換を行ってきた活動が認められました。
    同表彰では、飯島勲内閣官房参与やアラブ圏で初の大相撲力士となった大砂嵐関も受賞しました。
    アラブ・ウィークについて言及した同日の議員ブログを紹介します。

  • tayori26

    永田町便りVol.26

    「質問主意書4月だけで8本提出」「サウジに招かれ講演」

    後半国会が始まった4月に入り、浜田議員はすでに8本の質問主意書を提出しました。
    国会議員は国会開会中、本会議や委員会での質疑のほかに、質問主意書によって内閣に見解を質すことができます。浜
    田議員は過去に約50本の主意書を提出してきましたが、今回も委員会の合間を縫って、所属する委員会で扱う以外の政策課題についても質しています。

動画

浜田かずゆき 街頭演説 新宿

2016年7月6日(水)新宿歌舞伎町にてふんどし部とのコラボレーション。 ミラクルシティ東京ならではの街頭演説です。 ※そのほか随時、Twitter並びにPeriscope(ペリスコープ)にて街頭演説や遊説の様子を生中継しております。あわせてご覧頂ければ幸いです。

動画の一覧へ

活動記録:秘書室便り

  1. 2016/10/14

    The Japan Timesにて活動が紹介されました。

  2. 2016/10/8

    アイルランド大使公邸にて『伊勢物語』の英訳本の出版祝賀会に参加しました。

  3. 2016/10/1

    黒竜江省観光セミナーに出席しました。

  4. 2016/6/25

    政見放送・経歴放送の日時が決まりました

  5. 2016/6/20

    「関西華文時報」に記事が掲載されました。

  6. 2016/6/16

    「未来研究の第一人者」として、セミナーで講演をしました。

  7. 2016/6/15

    大阪にて出版記念講演会を開催しました。

活動記録の一覧へ

最新のお知らせ

  1. 2017/1/10

    新年のご挨拶

  2. 2016/10/14

    The Japan Times に「トルコ戦勝記念日レセプション」での様子が紹介されました。

  3. 2016/10/8

    『伊勢物語』英訳本出版祝賀会にて挨拶をしました。

  4. 2016/10/1

    「黒竜江省観光セミナー」にて挨拶をしました。

  5. 2016/7/11

    参議院選挙を終えてのご挨拶

  6. 2016/6/26

    政見放送・経歴放送の日時が決まりました

  7. 2016/6/22

    東京都選挙区から出馬致しました

  8. 2016/6/15

    『IoT環境におけるサイバーセキュリティ』セミナーで講演をしました。

一覧へ
トップへ戻る