第五の力《文化》

これこそが日本が世界に対してより積極的に情報発信をすべき分野です。
日本的ライフスタイル、それは一言で言えば、「自然とともに歩むという価値観」です。

家族や周りの人たち、そして多くの見ず知らずの人たちとも同じ絆で結ばれているという心理面での連帯感を背景に日本社会は安心、安全なコミュニティとして様々なサービスや商品を生み出してきました。
まさに「ジャパン・ミラクル」といっても過言ではないでしょう。富士山は、日本の象徴する清らかな聖地でありますが、この富士山に関心を向ける海外からの観光客は年々増加の一途です。
この富士山をめぐるダイバーシティ観光こそ、ジャパン・ミラクルのナンバーワンにふさわしいテーマだと思います。
年間5000万人を目標に世界からも、日本各地からも多くの観光客に訪ねて頂きたいと期待するところです。
富士山の持っている魅力、それは自然の力のみならず、自然を敬うという信仰心の象徴である点に集約されています。

また、火山の持つ大きなエネルギーをうまく活かせる可能性も視野に入れるべきではないでしょうか。
いずれにせよ2020年の東京オリンピック・パラリンピックはスポーツだけではなく、文化と芸術の融合の祭典にしなければなりません。
クーベルタン男爵の発想もそうでした。
そうした歴史的な流れに思いをはせる時、大勢の世界の人々がオリンピックを機会に来て頂き、日本の文化、日本人の美的感覚、美意識といったものを堪能してもらうためには、万が一体調を崩したり、けがをした場合への対応を考えておく必要があります。
そういう時に役立つ「言葉の救急車」が必要だと考えています。

病院やお医者さんにかかるときに、なかなか自分の状態を日本語で的確に表したり、伝えることができない外国人は多くいます。
外国の方々が来られれば言葉も文化も違い、その表現は命にかかわることでもあるので、きちんと異文化理解と医学の知識を備えた多言語の国際医療通訳と呼ばれる方々が国家の資格を得た上で活躍して頂く場を作るべきだと思います。
現在、私はそうした観点から多言語通訳の方々を、言葉の救急部隊として育て、そして制度として充実させていきたいと考えています。

また、国際文化サミットや交流イベント、聴覚障害者主体のデフリンピックも必要です。
オリンピックやパラリンピックはよく知られていますが、聴覚障害のある方たちが企画、実行しているデフリンピックは、まだ十分認知されていないように思われます。
こういう人たちにとっては手話が言葉と同じ意味を持っているわけです。
全国の自治体のほぼ99%で手話も言語として認める事例が採択されています。
どのような障害をもっている方々も、社会の一員として共に働き、共に暮らせる社会を目指すためにも、国際文化サミット交流イベントを日本で増やしていく必要があると思っています。

また、日本には伝統、モダン文化、和食、農業、温泉など、観光資源はほぼ無限に眠っています。
そうした様々な観光資源を組み合わせ、また新たな価値観を加えることで、より一層世界に向けて魅力ある観光資源として進化させていくことが欠かせません。
そうした活動を積極的に支援するため、一例として歌舞伎と初音ミクとの合体も素晴らしいアイディアです。
伝統的な文化と、新しい文化をいかに融合させ、そこから新しい文化を生み出していくか、そうした新たな可能性の追求が今の日本に問われているのではないでしょうか。
そうした柔軟な発想で新しい文化の創造活動に大胆に取り組むことができる個性あふれる想像力の豊かな人材を育成することが日本の教育、文化、経済の発展にとっては欠かせない課題ではないかと思っています。

日本人は物を作る分野で世界の経済に大きく貢献をしてきました。
これからはモノ作りの上に文化、ソフトのパワーを十分練り込んで、よりダイナミックな日本発のミラクル文化を提唱し、広めていくことが必要ではないかと思います。
そうした動きをより一層強めていくためにも、政治が後押しをしていく、政治がそのような未来ビジョンをしっかりと打ち出し、経済、外交、文化、教育、医療等、あらゆる分野で日本とアジア、世界の未来に関心を持つ人たちと共に行動計画を描いていく。
未来は待っているだけではやって来ません。

自ら未来図を描き、その実現に努力を惜しまぬ人のところに訪れてきます。そういうたゆまぬ作業の最前線に、浜田和幸は立ち続けていきたいと願っています。「2020年という近未来から今動かす」ために、以上述べた五つの力で、日本を前進させることをここに、宣言します。

2955

動画

浜田かずゆき 街頭演説 新宿

2016年7月6日(水)新宿歌舞伎町にてふんどし部とのコラボレーション。 ミラクルシティ東京ならではの街頭演説です。 ※そのほか随時、Twitter並びにPeriscope(ペリスコープ)にて街頭演説や遊説の様子を生中継しております。あわせてご覧頂ければ幸いです。

動画の一覧へ

活動記録:秘書室便り

  1. 2016/10/14

    The Japan Timesにて活動が紹介されました。

  2. 2016/10/8

    アイルランド大使公邸にて『伊勢物語』の英訳本の出版祝賀会に参加しました。

  3. 2016/10/1

    黒竜江省観光セミナーに出席しました。

  4. 2016/6/25

    政見放送・経歴放送の日時が決まりました

  5. 2016/6/20

    「関西華文時報」に記事が掲載されました。

  6. 2016/6/16

    「未来研究の第一人者」として、セミナーで講演をしました。

  7. 2016/6/15

    大阪にて出版記念講演会を開催しました。

活動記録の一覧へ

最新のお知らせ

  1. 2017/9/18

    9月20日、東京FM「TIME LINE」に生出演します。

  2. 2017/9/5

    9月10日、「ビートたけしのTVタックル」にVTR出演します。

  3. 2017/1/10

    新年のご挨拶

  4. 2016/10/14

    The Japan Times に「トルコ戦勝記念日レセプション」での様子が紹介されました。

  5. 2016/10/8

    『伊勢物語』英訳本出版祝賀会にて挨拶をしました。

  6. 2016/10/1

    「黒竜江省観光セミナー」にて挨拶をしました。

  7. 2016/7/11

    参議院選挙を終えてのご挨拶

  8. 2016/6/26

    政見放送・経歴放送の日時が決まりました

一覧へ
トップへ戻る