2009年3月のお知らせ

2009年03/24

本日(3月24日)より、中海TVで「中海みずフォーラム」と「中海の可能性」の放送が始まりました。前者は小生の講演、後者は対談がメインとなっています。是非、ご覧下さい。

「地域から全国に情報を発信するケーブルTV」を目指すのが鳥取県米子市に拠点を置く「中海TV」。地域の環境問題に積極的に取り組んでいます。中でも日本最大級の汽水湖である中海・宍道湖の浄化キャンペーンは筋金入り。本日から放送が始まる「中海みずフォーラム」と「中海の可能性:世界の水事情・中海の世界貢献」も、その一環です。前者は去る2月22日、米子ふれあいの里にて開催されたセミナーの記録です。小生が「世界の水問題〜今、何が起こっているのか?これからどうなるのか?」と題して、基調講演を行いました。後者は島根大学の高安克己副学長(中海自然再生協議会会長)と小生の対談を収録したものです。いずれも以下の通り、繰り返し放送される予定です。お楽しみ下さい。
「中海みずフォーラム」(2時間30分番組)
4ch:
3月24日(火)15:00〜
26日(木)20:00〜
27日(金)6:00〜
28日(土)6:00〜、16:00〜
4月2日(木)6:00〜
7日(火)7:00〜
8日(水)6:00〜
24ch:
3月28日(土)、29日(日)10:00〜、18:00〜
4月4日(土)、5日(日)7:30〜、15:00〜、23:30〜
4月11日(土)、12日(日)6:00〜、20:00〜
「中海の可能性」(1時間番組)
4ch:
3月24日(火)8:00〜、26:00〜
26日(木)9:00〜、25:00〜
27日(金)9:00〜、12:00〜、16:00〜
28日(土)10:00〜、12:00〜
30日(月)16:00〜、23:00〜
31日(火)21:00〜
4月1日(水)12:00〜
2日(木)9:00〜、20:00〜、25:00〜
3日(金)7:00〜、15:00〜
4日(土)6:00〜、13:00〜、16:00〜
6日(月)6:00〜
9日(木)26:00〜
10日(金)7:00〜
24ch:
3月28日(土)、29日(日)8:00〜、17:00〜、24:00〜
4月4日(土)、5日(日)13:00〜、26:00〜
4月11日(土)、12日(日)13:00〜、24:00〜


2009年03/23

本日発売の「週刊ポスト」(4月3日号)の特集「日本生存システムの研究」にコメントを掲載しています。テーマは日本の持つ技術力をいかに経済回復に活用するか。ご一読下さい。

雑誌業界も景気の悪化を受け、販売部数が落ち込み、厳しい状況が続いています。「月刊現代」や「諸君!」の廃刊など、寂しい限りです。週刊誌の世界でも熾烈な生き残り合戦が演じられているのはご承知の通り。そんな中、「週刊ポスト」(小学館)も新たな読者層の拡大に向け、創意工夫を続けているようです。現在発売中の号でも「日本生存システムの研究」と題する特集を組み、”組織のニッポン力”で日本企業が危機を突破する道を再認識すべきとの論調を展開しています。極めて正論だと思います。ソニーの天外伺朗氏、アシストのビル・トッテン氏、未来工業の瀧川克弘氏、鍋屋バイテックの岡本太一氏らのインタビューで構成されています。小生は「日本企業は必ず復活する」との観点から、アメリカとの競争に勝利する上で欠かせない情報戦略についてコメントしました。お楽しみ下さい。


2009年03/22

本日(3月22日、日曜)、お昼12時よりテレビ朝日「サンデー・スクランブル」にて「オバマ就任2ヶ月の総括」と題してコメントします。ご覧下さい。

3月上旬、アメリカを訪ね、ワシントンやニューヨークで多数のオバマ関係者や投資家たちと意見交換してきました。オバマの掲げるチェンジ政策に期待が高かったため、就任後2ヶ月しか経っていないにも係らず、目に見える経済の改善やイラクからの撤兵が先送りされはじめていることに「苛立ち」や「失望感」を表明する人々も増えています。その一方で、今回の経済危機を利用し、次のバブルに向けて虎視眈々と仕込みを続ける逞しいファンドの動きにもアメリカ人らしい「強かさ」を感じました。そういった”アメリカの今”を、本日の「サンデー・スクランブル」(テレビ朝日)にて紹介します。是非、お楽しみ下さい。


2009年03/21

本日(3月21日、土曜日)、午後4時より朝日ニュースターの「よみがえれ!ニッポン」に出演し、政治と金にまつわる日米比較を行います。是非、ご覧下さい。

朝日ニュースターの良心番組「よみがえれ!ニッポン」。司会進行役のばばこういち氏はめでたく喜寿を迎えられました。ますますお元気で好奇心も旺盛です。本日、小生のコーナーで取り上げるのは「AIGで揺れるオバマ政権と西松建設で揺れる小沢民主党」。日米ともに政治と金の問題で先行き不透明感が高まっています。オバマ大統領はAIGの幹部が多額の公的資金の注入を受けていながら破格のボーナスを得ているのは容認しがたい、と言っていますが、本人は上院議員時代、そのAIGから最も多額の政治献金を受けていました。その見事な金銭感覚には、日本の政治家もかないません。そのあたりの黒い疑惑を明らかにします。是非、お楽しみ下さい。放送時間は、本日午後4時から5時30分まで。生番組です。


2009年03/16

『月刊ファイナンシャルマガジン』3月号の「経営者インタビュー」に登場しています。是非、ご一読下さい。

株式投資や不動産投資の専門家を養成する日本フィナンシャルアカデミーが提供する「月刊ファイナンシャルマガジン」。ウェブ上で誰もが無料で読むことができます。その3月号がアップしました。下記のサイトにアクセスして頂ければ、「経営者インタビュー」のトップに小生が登場しています。テーマは「危機的状況の中で一番頼りになるのは自分自身の感覚」です。100年に1度と言われる経済危機をチャンスに変える発想を述べています。是非、ご一読下さい。
http://f-mag.jp/


2009年03/12/

現在発売中の「サピオ」(3月25日号)の特集「何をやっても株価が下げ止まらない本当の理由」に小論を発表しました。新通貨アメロに関する最新情報を織り込んであります。ご一読下さい。

国際情報誌「サピオ」(小学館)の最新号(3月25日号)の特集は「何をやっても株価が下げ止まらない本当の理由」です。市場はいったい何を恐れ、何に失望しているのか。小生は「アメリカで囁かれ始めた”ドル廃止””金本位制復活”そして”新通貨アメロ導入”の驚天動地」と題する小論を寄稿しました。北米共通通貨創設を模索するアメリカ政府と金融界の動きを分析してあります。また、新通貨発行に深く係る日本の特殊技術会社の存在にも言及しました。お楽しみ下さい。


2009年03/06

本日(3月6日)、ネットマガジン「フィーメ−ル」の連載コーナーを更新しました。今回のテーマは「国家公務員制度改革」です。天下りや渡りの行方を検討しました。是非、ご一読下さい。

女性読者の間で人気抜群のウェブマガジン「フィーメール」(www.fe-mail.co.jp)。小生の連載もパート2が第18回を迎えました。今回のテーマは「国家公務員制度改革」です。2万5000人を超える国家公務員が天下りを重ねている現状をどうすべきか。毎月1兆円もの税金が天下り先の団体に支払われています。定額交付金どころの騒ぎではありません。この際、天下りの実態を明らかにし、国家的なムダを排する必要があると思います。是非、ご一読下さい。


2009年03/04

本日、ネットマガジン「マネージン」の連載を更新しました。第18回のテーマは「ロンドン五輪の開催も危ぶまれるイギリスの経済危機」です。ご一読下さい。

国際情勢や金融問題に関心を持つ熱心な読者に支えられヒット数が鰻上りの「マネージン」。小生の連載も好評のようです。今回取り上げたのはロンドン五輪の行方を左右するイギリスの景気の落ち込み。スポンサーが相次いで辞退する動きを見せており、関連施設の建設に支障が出始めています。当初の予定から大きくずれてしまったロンドン五輪の準備状況やめどの立たない資金調達の現状を分析しました。実は、ロンドンの次の開催地をめぐる指名争いが佳境を迎えています。本命は東京とシカゴ。かたや石原都知事、かたやオバマ大統領の肝いりで熱い戦いが演じられてきました。今年の秋には決まるのですが、金融危機の震源地であるアメリカ、特にシカゴの市民の間からは「こんな経済状態ではオリンピックどころではない」との声が強まり、開催地返上を求める署名活動が始まりました。予断を許しませんが、東京にとっては朗報になるかも知れません。
「マネージン」のサイトはmoneyzine.jpです。


2009年03/02

現在発売中の「週刊文春」(3月5日号)にて「ソフト・パワーを提唱する駐日大使候補のハードな顔」と題する記事(This Week)にコメントを載せています。ご一読下さい。

オバマ大統領とヒラリー・クリントン国務長官の外交指南役といっても過言ではないジョゼフ・ナイ教授。ソフト・パワー戦略の提唱者として有名な存在です。しかし、クリントン政権では国防次官補を務め、当時の自民党の国会議員たちを切りきり舞いさせたことでも知られる武闘派の面も秘めています。選挙戦の早い段階からオバマ候補への支持を鮮明にしたことが買われ、ほぼ駐日大使の座は間違いないと見られます。ハーバード大の看板教授ですが、72歳とは思えない行動的な面がオバマ大統領に気に入られたようです。同教授はアメリカで日本の政治家を数多くお世話しており、彼らの弱みもしっかり把握しています。学者肌の大使とは一味違います。ひょっとすると、日本でも「切りきり舞い」旋風を起こしそうです。とても「ソフト・パワー」では収まりそうにありません。

220

動画

浜田かずゆき 街頭演説 新宿

2016年7月6日(水)新宿歌舞伎町にてふんどし部とのコラボレーション。 ミラクルシティ東京ならではの街頭演説です。 ※そのほか随時、Twitter並びにPeriscope(ペリスコープ)にて街頭演説や遊説の様子を生中継しております。あわせてご覧頂ければ幸いです。

動画の一覧へ

活動記録:秘書室便り

  1. 2016/10/14

    The Japan Timesにて活動が紹介されました。

  2. 2016/10/8

    アイルランド大使公邸にて『伊勢物語』の英訳本の出版祝賀会に参加しました。

  3. 2016/10/1

    黒竜江省観光セミナーに出席しました。

  4. 2016/6/25

    政見放送・経歴放送の日時が決まりました

  5. 2016/6/20

    「関西華文時報」に記事が掲載されました。

  6. 2016/6/16

    「未来研究の第一人者」として、セミナーで講演をしました。

  7. 2016/6/15

    大阪にて出版記念講演会を開催しました。

活動記録の一覧へ

最新のお知らせ

  1. 2017/9/18

    9月20日、東京FM「TIME LINE」に生出演します。

  2. 2017/9/5

    9月10日、「ビートたけしのTVタックル」にVTR出演します。

  3. 2017/1/10

    新年のご挨拶

  4. 2016/10/14

    The Japan Times に「トルコ戦勝記念日レセプション」での様子が紹介されました。

  5. 2016/10/8

    『伊勢物語』英訳本出版祝賀会にて挨拶をしました。

  6. 2016/10/1

    「黒竜江省観光セミナー」にて挨拶をしました。

  7. 2016/7/11

    参議院選挙を終えてのご挨拶

  8. 2016/6/26

    政見放送・経歴放送の日時が決まりました

一覧へ
トップへ戻る