2008年8月のお知らせ

2008年08/31

本日(8月31日)、テレビ朝日のお昼のニュース番組「サンデー・スクランブル」にて、アメリカ大統領選挙とロシア・グルジア問題について語ります。ご覧下さい。

アメリカでは民主党、共和党、ともに正副大統領候補が出揃いました。大方の予想を覆し、マケイン候補が選んだパートナーはアラスカの女性州知事サラ・ペイリンさん。石油利権で腐敗したアラスカの政治を刷新させた手腕が買われた人事です。このサプライズ人事が吉と出るか、凶となるか。大きな賭けの行方を解説します。また、ロシアのプーチン首相のグルジアに対する強硬な姿勢は東西冷戦時代への逆行を示唆するもの。NATOに対する「宣戦布告」ともとれる発言を繰り返しています。アメリカが配備してきたMD網を無力化する宇宙兵器を完成させたと豪語するロシアの意図を探ります。番組は午前11時45分から12時55分です。小生の出番は12時から12時30分の間。お楽しみ下さい。


2008年08/30

ネットマガジン「MoneyZine(マネージン)」にて、連載「ヘッジファンド」の第12回を公開しました。今回のテーマは「ウォーター・ヘッジファンド」です。是非、ご一読下さい。

「水は21世紀の石油だ」と言われるように、このところ水資源をめぐる争奪戦が激しくなっています。その影響で、水関連企業の株価も急騰中です。2001年以来、世界の大手水関連企業、通称「ウォーター・バロンズ」の株価は平均して150%を超える値上がりを記録しています。世界的に株価が下落するなかで、水企業は美味しい商売を繰り広げているようです。ヘッジファンドのなかにも、水資源や関連企業に特化した「ウォーター・ヘッジファンド」が登場し、注目を集めています。そこで今回のテーマとしては、水の希少性にビジネスチャンスを見出したヘッジファンドを取り上げました。小生の最新刊『ウォーター・マネー』(光文社)と合わせて、お早めにご一読下さい。
http://moneyzine.jp


2008年08/23

本日(8月23日)、TBSテレビ「ブロードキャスター」にて北京五輪の”国宝”こと劉翔選手の棄権劇に隠された中国のオリンピック裏事情について解説します。是非、ご覧下さい。

TBSテレビの土曜日夜10時といえば「ブロードキャスター」。「お父さんのためのワイドショー講座」を楽しみにしている方も多いと思います。残念ながら、諸般の理由で、番組はこの9月で終了し、10月からは新たな体制で再スタートするようです。いずれにせよ、今晩のトップニュースは北京五輪をめぐる悲喜こもごもの人間模様。中でも中国陸上界のホープ、劉翔選手の「まさかの棄権劇」は国内外に大きな衝撃を呼びました。胡錦濤国家主席から直々に聖火を受け取り、第一走者として国民の期待を一身の背負った同選手の意外な結末の裏に隠された秘密に迫ります。中国の経済成長を象徴するかのように、昨年だけで30億円もの契約金を獲得した劉翔選手のアキレス腱とは。さらには、同選手の右足かかとの骨膜炎症は現在の中国経済のタブーともいえる格差問題というアキレス腱を想起させるものがありました。そのため、中国政府はダメージコントロールに必死で取り組んでいます。果たしてどこまでうまく行くのか。その実態と見通しを明らかにします。是非、ご覧下さい。


2008年08/21

8月21日と22日、スカイパーフェクトTV!チャンネル桜にて「北京五輪終了間近!どうなる中国と世界情勢」と題する特番に出演します。今後の中国経済の行方と日本やアメリカへの影響について語る予定です。お楽しみ下さい。

放送予定時間は第1部が8月21日(木)の午後10時から12時30分まで。第2部が翌8月22日(金)の午後9時から10時までです。第1部では中国経済の現状とオリンピック開催がもたらした政治、社会的インパクトを分析します。第2部では日本やアメリカの対中政策を吟味し、中国経済のソフトランディングの可能性を探ります。中国人が経営する日本国内のIT企業は200社を突破。中国人留学生の日本での就職者数も1万人を超えました。中国国内では雇用のチャンスが減り始めているため、優秀で野心のある中国人はこれまで以上に日本のみならず世界を目指すようになってきました。急増する中国人の日本国内でのプレゼンスは、どのような影響をもたらすのか。また、環境悪化が深刻化し、首都北京の移転計画も密かに進み始めた中国。北京五輪後の中国を大胆に展望します。なお、討論相手は以下の方々です。
日本国籍を取得したばかりの評論家、石平氏。大和総研主任研究員の田代秀敏氏。中小企業診断士で作家の三橋貴明氏。作家で評論家の宮崎正弘氏。月刊「中国」編集長の鳴霞女史。司会は日本文化チャンネル桜の代表、水島聡氏。皆、中国や国際情勢には詳しい顔ぶれ。どんな議論が飛び出すか。お楽しみ下さい。
スカイパーフェクトTV!ハッピー241(241ch)での放送です。


2008年08/19

今週の「週刊ポスト」(8月29日号)の特集「これが世界と日本の真実だ」の中で、中国毒ギョーザ事件に関する最新情報をコメントしました。ご一読下さい。

北京五輪の開幕直前、一人の中国人が北京市内で飛び降り自殺を図った。中国では珍しいことではない。しかし、亡くなったのが現役のエリート役人で、しかも食品生産監督管理局長(42歳)ということで、北京の関係筋の間ではちょっとした騒ぎとなった。というのも日本で大問題となったご毒入りギョーザ問題の責任者であったからだ。諸般の事情から、今回の事件は単なる自殺とは断定しにくい要素が余りに多い。その背景を明らかにしてみた。中国でも日本でも五輪報道一色で、この自殺事件は全く無視されたに等しい。背景には巨大な隠蔽工作の臭いがする。詳しくは、本日発売の「週刊ポスト」でご確認下さい。


2008年08/13

ネットマガジン「フィーメール」にて連載を更新しました。今回のテーマは最近の物価高の原因と見られる「原油高騰」です。是非、ご一読下さい。

女性会員の間で人気沸騰中の情報サイト「フィーメール」。小生の連載コラム「浜田和幸に国際情勢と世界経済を聞く」も好評のようです。今回取り上げたテーマは「原油高騰」。この1年で2倍に跳ね上がった原油の値段には、皆が振り回されています。ガソリンは上がるし、食品価格も鰻上り。地球温暖化の影響で暑い日々が続いていますが、諸物価の値上がりで頭の先から湯気が出そうです。一体、どうしてこんなにモノの値段が上がってしまったのか。元凶といわれる原油高騰の背景は何なのか。中国やインドなど新興国の需要増加。新規油田の開発の遅れや既存の精製施設の老朽化。投機マネーの流入。オイル・ピーク説の流布。悪天候。中東、アフリカ、カスピ海周辺など産油国における政情不安、等々。さまざまな要因が指摘されています。みな、それなりに無視できない背景でしょう。しかし、原油高騰の最大の牽引車は何か。フィーメールの『おバカ編集部』が迫ります。お楽しみ下さい。
http://www.fe-mail.co.jp


2008年08/10

本日(8月10日、日曜日)、テレビ朝日「サンデー・スクランブル」にて北京五輪とテロについて語ります。ご覧下さい。

北京五輪の警備のために中国政府は540億円を投入してきたにもかかわらず、8月9日、北京市内でアメリカ人観光客が殺されるという事件が発生。中国の警備当局は面子丸つぶれ。今回は犯人が自殺したため、動機や背後関係がまだ明らかではないものの(犯人は直訴村の常連だったため、政府の貧困対策に対する怒りが外国人に向けられた可能性が高い)、今後とも国内の不満分子や弾圧を受けている少数民族、分離独立派によるテロの恐れは無視できそうにない。トルキスタン・イスラム党やチベット青年会議、そして法輪功など、さまざまな組織がオリンピックを妨害、粉砕しようと蠢いている模様。これらテロ活動の実態や中国政府による鎮圧作戦の現状について解説します。テレビ朝日の「サンデースクランブル」は午前11時45分から。お楽しみ下さい。


2008年08/06

「SPA!」最新号(8月12・19日合併号)にて「石油ピーク説」について神足裕司氏の質問に答えた記事が掲載されています。ご一読下さい。

週刊「スパ」の名物コラム「これは事件だ」といえば、”夜討ち朝寝”のレポーターで知られる神足裕司氏の独壇場。今回は羽田空港で緊急取材を受けることになりました。車も飛行機もガソリンやジェット燃料代が高騰して大変な状況。いったい、なぜこれだけ原油が値上がりしてしまったのか。犯人は誰なのか。投機筋の介入はどこまで影響したのか。よくいわれる「石油ピーク説」にはどこまで信憑性があるのか、等々。神足氏の繰り出す機関銃のような質問に答えました。小生とは読売TV「情報ライブ・ミヤネ屋」でご一緒していたご縁ですが、同氏のあくなき好奇心や行動力の逞しさには毎回驚かされます。今回の「スパ」の事件簿にも、その一端が読み取れます。是非、お楽しみ下さい。


2008年08/06

「サピオ」最新号(8月20日・9月3日合併号)には大小3本の小論が掲載されています。特集は「偽りの”日中友好”などいらない」です。ご一読下さい。

新体制の「サピオ」は元気一杯です。最新号では日中関係に鋭いメスを入れています。巻頭の特集は「偽りの”日中友好”などいらない」という大胆な切り口。その中で、小生は領土問題に焦点を当てた論文を発表しました。題して「中国・台湾連合”真の標的”は尖閣列島の”超優良”海底資源だ」。メタンハイドレートをめぐる争奪戦を取り上げました。是非、ご一読下さい。また、夏の特大号ならではの「2大プレゼント企画」にも登場していますので、お楽しみ下さい。?男が惚れた「マフィア・ヤクザ映画」BEST50、?本誌執筆陣が推薦「夏の必読書」25冊です。どちらの企画にも小生が登場していますので、是非、探してみて下さい。


2008年08/04

今週の「週刊ポスト」(8月15日・22日合併号)にて「北京五輪とテロ」についてコメントしています。8月8日の開会式を狙うテロ組織の動きは予断を許しません。是非、ご注目下さい。

トルキスタン・イスラム党(TIP)は7月25日に声明を出し、北京五輪粉砕を目的とする生物化学兵器の使用を辞さないテロ攻撃を示唆しています。選手団や観光客に対する誘拐も行うとのこと。人民軍や公安警察に中にも同調者がいるので、かつてない大規模な破壊工作を行えると豪語しています。一方で、海外のイスラム同胞に向けては、「そのような危険があるので、五輪関連施設には近づかないように」と警告を発する念の入れよう。中国の公安当局は、そのような声明が出されたこと自体を秘密にし、とにかく警戒を厳重にしています。日本のメディア関係者が中国警備陣の過剰反応の犠牲になっているようです。とはいえ、TIPをはじめビンラディン支持組織といわれる集団も、背後で資金や武器を提供しているのはCIAといわれるほどで、彼らは「Al Cia Duh」と揶揄されるほど。中国とアメリカによる狸の化かし合いといった側面も否定できません。いずれにせよ、そんな茶番劇の巻き添えになるほど無意味なことはないでしょう。五輪観戦のため中国に行かれる方々はくれぐれもご用心!


2008年08/04

8月4日(月)から7日(木)まで、毎朝、ニッポン放送(ラジオ)にて「いよいよ北京オリンピック開幕!中国が抱える光と陰」と題して、最新の北京五輪情報をお届けします。朝早いのですが、是非お楽しみ下さい。

目前に迫った北京五輪。いったい何が起こるのか。競技施設の周辺には地対空ミサイルが臨戦態勢で配備されています。これほどスリル満点のオリンピックはかつてなかったこと。そこで、五輪開幕直前の北京や中国の状況を詳しくお伝えします。ニッポン放送(1242)の朝の番組「小倉淳のオグラ発」に出演の予定です。小生の出番は毎朝5時40分から約5分。月曜は「中国の経済事情」、火曜は「北京の環境問題」、水曜は「中国の水不足とオリンピックへの影響」、木曜は「中国の食の安全と水」がテーマです。おりから新著『ウォーター・マネー:水資源大国・日本の逆襲』(光文社)が出版されたところ。この本では中国の水問題も分析してありますが、番組ではその後の最新事情を織り交ぜつつ、知られざる北京五輪の舞台裏に迫ります。早起き鳥の皆さんは、是非、お聞き下さい。北京五輪を最低8倍は楽しめる美味しい情報をタップリお届けします。


2008年08/01

ネットマガジン「MoneyZine(マネージン)」にて、連載「ヘッジファンド」の第11回を公開しました。今回のテーマは「原油価格の高騰」です。是非、ご一読下さい。

「ヘッジファンドの全貌を明かす!」シリーズ第11回は「止まらない原油価格の高騰:犯人は自己ビジネスを最優先するブッシュ一族か」。この1年で2倍に跳ね上がった原油価格。裏で高笑いしているのは誰なのか。いわゆるヘッジファンドや投資銀行の存在が「投機筋」として話題となっていますが、その実態はどうなっているのか。石油ブローカーを操る産油国や政府系ファンドの動き。そしてサウジアラビアなど中東産油国の王族と気脈を通じる一方で、イラクやイランとの緊張関係をテコに供給不安材料を提供し続けるブッシュ・チェイニー一族の狙い。そのあたりの原油政治をまとめました。是非、ご一読下さい。翔泳社のウェブサイト「マネージン」(無料)でお読み頂けます。


2008年08/01

本日(8月1日)、お昼12時過ぎ、文化放送「コラムパンチ」にて「中国・金メダル世界一作戦」と題して、『新潮45』の中瀬ゆかり編集長と語り合います。お楽しみ下さい。

文化放送(ラジオ)のお昼枠は「コラムパンチ」が人気です。本日はあと1週間に迫った北京五輪について、『新潮45』の中瀬ゆかり編集長と徹底討論する予定です。今月号の同誌でも取り上げましたが、中国の進める「金メダル世界1」に向けての秘策と奇策の数々を明らかにします。北京五輪を楽しむ上で欠かせない「驚愕の舞台裏情報」ばかり。是非、お聞き下さい。

269

動画

浜田かずゆき 街頭演説 新宿

2016年7月6日(水)新宿歌舞伎町にてふんどし部とのコラボレーション。 ミラクルシティ東京ならではの街頭演説です。 ※そのほか随時、Twitter並びにPeriscope(ペリスコープ)にて街頭演説や遊説の様子を生中継しております。あわせてご覧頂ければ幸いです。

動画の一覧へ

活動記録:秘書室便り

  1. 2016/10/14

    The Japan Timesにて活動が紹介されました。

  2. 2016/10/8

    アイルランド大使公邸にて『伊勢物語』の英訳本の出版祝賀会に参加しました。

  3. 2016/10/1

    黒竜江省観光セミナーに出席しました。

  4. 2016/6/25

    政見放送・経歴放送の日時が決まりました

  5. 2016/6/20

    「関西華文時報」に記事が掲載されました。

  6. 2016/6/16

    「未来研究の第一人者」として、セミナーで講演をしました。

  7. 2016/6/15

    大阪にて出版記念講演会を開催しました。

活動記録の一覧へ

最新のお知らせ

  1. 2017/9/18

    9月20日、東京FM「TIME LINE」に生出演します。

  2. 2017/9/5

    9月10日、「ビートたけしのTVタックル」にVTR出演します。

  3. 2017/1/10

    新年のご挨拶

  4. 2016/10/14

    The Japan Times に「トルコ戦勝記念日レセプション」での様子が紹介されました。

  5. 2016/10/8

    『伊勢物語』英訳本出版祝賀会にて挨拶をしました。

  6. 2016/10/1

    「黒竜江省観光セミナー」にて挨拶をしました。

  7. 2016/7/11

    参議院選挙を終えてのご挨拶

  8. 2016/6/26

    政見放送・経歴放送の日時が決まりました

一覧へ
トップへ戻る