2006年11月のお知らせ

2006年11/27

今晩(11月27日)9時から、チャンネル桜「報道ワイド日本」にて米中間選挙の影響と次期大統領選挙について語ります。ご覧下さい。

民主党が上下両院で多数派となった先の米中間選挙。ブッシュ共和党が敗退した原因は「イラク戦争の泥沼化」と「キリスト教中道派の反発を招いた共和党議員の相次ぐスキャンダルの嵐」。加えて、中国やメキシコなど海外から押し寄せる違法労働者への防波堤作りの遅れ。意外に見過ごされているのが、かつてない規模で集められた民主党の選挙資金。やはり、政治は金がモノを言う。中でも、抜群の集金力を発揮したのがヒラリー・クリントン上院議員。明らかに2年後の大統領選挙を意識しての全米キャンペーンは接戦の選挙区で民主党に勝利をもたらす強力なバネとなったようだ。民主党内では彗星の如く登場したオバマ上院議員(45歳、イリノイ州)の人気も高いが、資金力ではヒラリーに遠く及ばない。そのヒラリーは日本嫌いと言われるが、本当はどうなのか。じっくりとアメリカ政治の表と裏を分析します。「チャンネル桜」はスカイパーフェクトTVでは767chです。「報道ワイド日本」は本日午後9時からですが、明日(火曜日)から金曜日まで毎日、午前2時からと午前11時から再放送があります。お楽しみ下さい。


2006年11/23

明日(11月24日)、よみうりテレビ「情報ライブ・ミヤネ屋」に生出演します。メインテーマは「団塊世代が大量に定年退職を迎える2007年問題」。関西方面の皆様はお楽しみ下さい。

明日(11月24日、金曜日)、午後3時50分から5時50分まで、よみうりテレビ(大阪)の人気番組「ミヤネ屋」に出演します。さまざまなニュースを楽しく分かりやすく解説する予定です。司会の宮根誠司氏は放送界の明石さんま的存在。軽妙な司会者ぶりは関西では有名です。小生、この番組にはコメンテーターとして初登場となります。どんなニュースが起こるか今から楽しみです。「世界情報探検隊」の隊長としては、どこよりも早く世界のビッグ・ニュースをお伝えしたいところです。関西方面の皆様は是非ともお楽しみ下さい


2006年11/20

アメリカ取材旅行から無事帰国。本日(11月20日)朝の山陰放送と午後のニッポン放送で「おみやげビックリニュース」を紹介します。お楽しみ下さい。

アメリカの中間選挙を現地で取材してきました。2年後の大統領選挙に向けて虎視眈々と戦略を練るヒラリー上院議員ともコンタクト。日本嫌いと言われる彼女の本心を近く明らかにするつもりです。ご期待下さい。民主党が勝利した選挙をワシントンで取材した後、アメリカ各地を旅してきました。ジョージア州では自動車王ヘンリー・フォードが作った秘密の地下トンネルを探検し、コロラド州ではサウジアラビアの8倍と見られる新たな油田を観察。また、環境と人体に優しい建築基準を目指す「グリーンビルド・カウンシル」の総会にも出席しました。ビル・ゲイツに次ぐ大富豪ウォーレン・バフェットのプレーするゴルフ場にも行くなど、実りの多い旅でした。その成果は順次、さまざまなメディアを通じて報告する予定です。その第一弾として、今朝は地元、山陰放送の「浜田和幸の世界情報探検隊」で、午後はニッポン放送「テリー伊藤の乗ってラジオ」内の「浜田和幸の世界B級ニュース」で、他では絶対に聞けない最新のアメリカ情報をお伝えします。お楽しみ下さい。


2006年11/08

今週発売の「サピオ」と「文芸春秋」に小論と対談記事が掲載されます。前者は「中韓”儒教連盟”に見る胡錦濤の大中華思想」。後者は「天才相場師ジョージ・ソロスとの対談」です。お楽しみ下さい。

今週発売の「サピオ」(11月22日号、小学館)の特集は「中韓”儒教連盟”の野望」です。「左手にマルクス、右手に孔子」を掲げ、全世界に儒教学校を展開する胡錦濤の「大中華戦略」を明らかにしました。孔子研究センターは日本経団連にも触手を伸ばしています。また、月刊「文芸春秋」12月号では、先ごろ5年ぶりに来日した「ヘッジファンドの帝王」ことジョージ・ソロス氏と小生の濃密対談が掲載されています。北朝鮮の核実験、背後で糸を引く中国の思惑、中間選挙で苦戦を強いられるブッシュ共和党の現状とヒラリー・クリントンの可能性、イラク・中東情勢の今後、安倍総理の知られざるアメリカとの怪しいパイプなど、天才相場師にして「希代の慈善事業家」ならではの意味深な発言も満載です。ホリエモンや村上ファンドについても投資家の立場から意外なコメントを発しています。靖国神社についても自ら足を運んでの感想を語ってくれました。是非ご一読下さい。


2006年11/06

明日(11月7日、火曜日)朝7時、文化放送「吉田たかよしプラス」にて、アメリカの中間選挙について語ります。お聞き下さい。

今年3月までは、毎週火曜日の朝、蟹瀬誠一さんの番組「ネクスト」でコメンテーターを務めていましたが、このところご無沙汰気味の文化放送。久しぶりに明日の朝7時過ぎから最新ニュースのコメントをします。取り上げるテーマは、現地時間の火曜日に投票が行われるアメリカの中間選挙。イラク戦争の泥沼化で、人気の急落が続くブッシュ共和党にとっては厳しい結果になりそうです。もし、民主党が議会での多数派となれば、アメリカのイラク政策や北朝鮮外交にどのような変化が起こるのか。日米関係への影響も含めて、選挙の行方を分析します。2年後の大統領選挙にも大きなインパクトをもたらすはず。ヒラリー上院議員は圧倒的な強さで再選を果たし、アメリカ初の女性大統領の座へ邁進するきっかけにしようと目論でいるようです。クリントン前大統領も全面的な支援体制を組んでいます。何かと話題、注目点に事欠かないアメリカの中間選挙。日本で楽しむ方法をお伝えします。お楽しみ下さい。


2006年11/05

明日(11月6日)からニッポン放送「テリー伊藤の乗ってけラジオ」で「浜田和幸の世界B級ニュース」が復活します。毎週月曜日の午後をお楽しみに。

プロ野球シーズン中はお休みしていた「浜田和幸の世界B級ニュース」が明日(11月6日、月曜日)から復活します。ニッポン放送の人気番組「テリー伊藤の乗ってけラジオ」内で、午後2時40分からの生放送です。短いコーナーですが、世界の驚くべき「裏ニュース」を紹介します。明日は久しぶりの登場となりますので、カムバックに相応しい「特ダネ」を用意しています。安倍総理の「美しい国へ」に刺激を受けたのか、人気急落中のブレア首相が「産業革命」を上回る、「イギリス発の新産業革命」を打ち出しました。その意外な内容は大笑い間違いなし。是非、お聞き下さい。山陰放送(BSS)の朝9時過ぎからの「浜田和幸の世界情報探検隊」も合わせてお楽しみ下さい。


2006年11/01

明朝(11月2日、午前8時)テレビ朝日「スーパーモーニング」にて「北朝鮮の6者協議復帰の背景」について語ります。お楽しみ下さい。

北朝鮮は突如、米中との非公式協議の結果、6者協議への復帰を明らかにしたという。どこまで信じていいものか。金正日の狙いは何か。また、アメリカ、中国はどこまで北朝鮮の核開発計画を放棄させることができると踏んでいるのか。今回のキーポイントは、核クラブのメンバーとなったと自負する北朝鮮がこれまで以上に強い姿勢でアメリカと対峙しようとしていること。中国の外交筋も「北朝鮮は核技術をテロ組織に売り渡す可能性もちらつかせている」という。イラク駐留の米軍に向けてミニ核爆弾を発射するとの脅しも露にしているようだ。これにはさすがの中国も驚き、アメリカと緊急協議を重ね、場合によっては空爆あるいは内部クーデターを主導して、金正日の首の挿げ替えのシナリオも検討し始めた。中国は北朝鮮から反金正日の筋金入りの軍人を100人ほど選抜し、いつでも金王朝の転覆を内部から引き起こす準備を進めていると見られる。中国の人民解放軍の幹部によれば、「アメリカの攻撃より先にわれわれが北朝鮮を中国の一部として併合する作戦を実行に移すこともありうる」という。米中間の凄まじい駆け引きが展開中である。そのような水面下の動きの一端を紹介します。11月2日(木)朝8時から、テレビ朝日「スーパーモーニング」をお楽しみ下さい。

206

動画

浜田かずゆき 街頭演説 新宿

2016年7月6日(水)新宿歌舞伎町にてふんどし部とのコラボレーション。 ミラクルシティ東京ならではの街頭演説です。 ※そのほか随時、Twitter並びにPeriscope(ペリスコープ)にて街頭演説や遊説の様子を生中継しております。あわせてご覧頂ければ幸いです。

動画の一覧へ

活動記録:秘書室便り

  1. 2016/10/14

    The Japan Timesにて活動が紹介されました。

  2. 2016/10/8

    アイルランド大使公邸にて『伊勢物語』の英訳本の出版祝賀会に参加しました。

  3. 2016/10/1

    黒竜江省観光セミナーに出席しました。

  4. 2016/6/25

    政見放送・経歴放送の日時が決まりました

  5. 2016/6/20

    「関西華文時報」に記事が掲載されました。

  6. 2016/6/16

    「未来研究の第一人者」として、セミナーで講演をしました。

  7. 2016/6/15

    大阪にて出版記念講演会を開催しました。

活動記録の一覧へ

最新のお知らせ

  1. 2017/9/18

    9月20日、東京FM「TIME LINE」に生出演します。

  2. 2017/9/5

    9月10日、「ビートたけしのTVタックル」にVTR出演します。

  3. 2017/1/10

    新年のご挨拶

  4. 2016/10/14

    The Japan Times に「トルコ戦勝記念日レセプション」での様子が紹介されました。

  5. 2016/10/8

    『伊勢物語』英訳本出版祝賀会にて挨拶をしました。

  6. 2016/10/1

    「黒竜江省観光セミナー」にて挨拶をしました。

  7. 2016/7/11

    参議院選挙を終えてのご挨拶

  8. 2016/6/26

    政見放送・経歴放送の日時が決まりました

一覧へ
トップへ戻る