2006年4月のお知らせ

2006年04/18

「新潮45」5月号に「新聞テレビが報じない”胡錦濤トンデモ暴言録”」を発表。2008年北京オリンピックの公式記録映画の製作にスピルバーグ監督が参加!

4月20日にワシントンでブッシュ大統領との首脳会談に臨む胡錦濤国家主席。「21世紀半ばまでにアメリカを抜き、世界最強の国家を目指す」と大見得を切る新世代の指導者が、どのような”口撃”を繰り出すのか注目される。本日発売の「新潮45」では、その胡錦濤主席がこれまで発射してきた「口先ミサイル」の数々を一挙大公開!是非、ご一読下さい。胡主席は自らの訪米を成功させるため、事前に呉儀副首相ら幹部を相次いでアメリカに送り込み、大型商談の下準備を進めてきた。ボーイング737の80機購入を手始めに、アメリカ製品の買い付けでは前代未聞の大盤振る舞い。世界最大の外貨保有国に躍り出たことを印象付けるかのように、100件を超える大型商談をまとめた。極めつけは、2008年の北京オリンピックの利権ビジネス。放映権や商標登録はもちろん、チケット販売やホテル、航空機の予約、”環境に優しいオリンピック”のための技術導入まで、目白押し。あのスティーブン・スピルバーグ監督まで口説き落とし、「北京オリンピック公式記録映画」の製作に参加させることに成功。すべては胡錦濤国家主席の「情報覇権国家戦略」から出ているもの。同主席の知られざる実像や実力のほどは拙著「胡錦濤の反日行動計画」(祥伝社)でも詳しく取り上げた。合わせてご一読願いたい。


2006年04/07

髪の毛の再生に効果?チェコ産の「ビールの力」!

このところ原稿締め切りに追われ、悪戦苦闘の日々を送っています。近く発売の「新潮45」5月号に「新聞テレビが報じない胡錦濤のトンデモ語録」を発表します。先月末、北京に招かれた日中友好7団体の代表を前に胡主席が行った「重要講話」の中身をはじめ、これまで同主席が繰り出した珍言、妄言、狂言の数々を一挙大公開。ご期待下さい。実は、中国人の間で人気を集めているのがチェコのビール。もともとビール酵母には人間の体内では作れない9種類の必須アミノ酸が含まれているため、飲み方如何ではダイエットにもプラスになるといわれるほど。意外なピール・パワーに注目が集まっています。しかも漢方とビール酵母の相性も悪くないらしい。そんなピール・パワーを活かして髪の毛を増やそうとの試みがチェコと中国の合作で進行中。ビール・サウナ、ビール化粧品、ビール・ダイエット、ビール・マッサージ、ビール・プール、ビール毛生薬など、あっと驚くような新商品や新サービスが目白押し。ご関心の向きは一度試されてはどうだろうか。しかし、白髪三千丈のお国柄であることをお忘れなく。

186

動画

浜田かずゆき 街頭演説 新宿

2016年7月6日(水)新宿歌舞伎町にてふんどし部とのコラボレーション。 ミラクルシティ東京ならではの街頭演説です。 ※そのほか随時、Twitter並びにPeriscope(ペリスコープ)にて街頭演説や遊説の様子を生中継しております。あわせてご覧頂ければ幸いです。

動画の一覧へ

活動記録:秘書室便り

  1. 2016/10/14

    The Japan Timesにて活動が紹介されました。

  2. 2016/10/8

    アイルランド大使公邸にて『伊勢物語』の英訳本の出版祝賀会に参加しました。

  3. 2016/10/1

    黒竜江省観光セミナーに出席しました。

  4. 2016/6/25

    政見放送・経歴放送の日時が決まりました

  5. 2016/6/20

    「関西華文時報」に記事が掲載されました。

  6. 2016/6/16

    「未来研究の第一人者」として、セミナーで講演をしました。

  7. 2016/6/15

    大阪にて出版記念講演会を開催しました。

活動記録の一覧へ

最新のお知らせ

  1. 2017/9/18

    9月20日、東京FM「TIME LINE」に生出演します。

  2. 2017/9/5

    9月10日、「ビートたけしのTVタックル」にVTR出演します。

  3. 2017/1/10

    新年のご挨拶

  4. 2016/10/14

    The Japan Times に「トルコ戦勝記念日レセプション」での様子が紹介されました。

  5. 2016/10/8

    『伊勢物語』英訳本出版祝賀会にて挨拶をしました。

  6. 2016/10/1

    「黒竜江省観光セミナー」にて挨拶をしました。

  7. 2016/7/11

    参議院選挙を終えてのご挨拶

  8. 2016/6/26

    政見放送・経歴放送の日時が決まりました

一覧へ
トップへ戻る