2005年8月のお知らせ

2005年08/30

新著「胡錦濤の反日行動計画」(祥伝社)が今夜から発売になります。

お待たせしました!新著がついに完成。都内の早いところでは今夜から店頭に並びます。「胡錦濤の反日行動計画」と題するように、穏健派の仮面に隠された、中国新指導者の恐るべき日本潰しと世界制覇戦略の全貌を明らかにしました。20年前に初めて会った時から注目していた胡錦濤。彼が語った中国の野望とは。「日本殲滅計画」とは何か。そして、その恐るべき計画はどこまで進んでいるのか。是非、ご一読下さい。


2005年08/29

原油価格高騰!70ドルを突破。どこまでいくのか。

しばらく海外出張している間に原油高は天井知らずの状態になってきました。ニュー・オーリンズを襲ったハリケーン・カトリーナの影響もあるでしょうが、根本的な要因は需給のアンバランスを見越した投機筋の動き。アメリカのエネルギー省は「100ドルを超える可能性もある」と予測。海外メジャーはここ4年、新規の油田開発を断念しています。そこにエネルギー効率の悪い中国が必死で参戦してきたため、当然のことながら原油価格は高騰の一途。代替エネルギーの開発に真剣に取り組む必要があります。明日(8月30日)の文化放送「ネクスト」では、このエネルギー問題の見通しを語ります。なお、先週より「日刊ゲンダイ」にて「ブッシュが捏造したアルカイダ」と題する連載を8回の予定で執筆中。ご一読下さい。新著「胡錦濤の反日行動計画」(祥伝社)が店頭に並ぶのは8月31日になります。お楽しみ下さい。


2005年08/22

今朝の山陰放送ではキム・ジョンイルの最新お笑い情報を紹介します。

ビッグ・スマイル山陰(BSS)でお馴染みの「浜田和幸の世界情報探検隊」(午前9時10分より30分)の今朝のテーマは「11ホール連続でホールインワンを決めた天才ゴルファーことキム・ジョンイル将軍様の近況」と題してお届けします。記憶力アップのために涙ぐましし努力を重ねている将軍様の素顔に迫ります。なお、この後、しばらく海外取材に出かけます。8月30日には待望の「胡錦濤の反日行動計画」(祥伝社)が出版されます。中国の国家主席の知られざる実像を明らかにしました。是非、ご一読下さい。


2005年08/15

8月16日(火)夜7時から「チャンネル桜」にて北朝鮮問題を語ります。

この8月15日に開局1周年を迎えるチャンネル桜の人気番組「佐藤勝巳の現代コリア研究」にて、小泉政権の北朝鮮政策の問題点や6カ国協議の行方、特にアメリカ、中国の思惑を語ります。わが国の国会には北朝鮮の代表が6名ほど存在し、拉致問題や核問題の解決を阻んでいます。このような状況をどう打開すればよいのか。佐藤氏との対談をお楽しみ下さい。初回放送は8月16日(火)の夜7時から1時間。再放送は17日(水)朝7時からと、18日(木)の午後4時から、そして21日(日)朝8時から。計4回の放送です。


2005年08/10

間もなく発売の「新潮45」9月号に「高橋治則の遺言」と題する小論を掲載!是非ご一読下さい。

「バブルの寵児」と異名をとったイ・アイ・イ元社長高橋治則氏が59歳という若さで急逝してから3週間。拙著「ハゲタカがわらった日」のためにインタビューしたメモを改めて整理し、同氏の名誉回復にかける執念や新たなビジネスへの野心満々の思いを再確認した。彼の急死については、さまざまな憶測が乱れ飛んだが、その背景や隠された動きをまとめ、「環太平洋のリゾート王」の追悼文とした。バブルの総括を望み、最高裁での逆転勝訴を目指した男の意地を読み取って頂ければ幸いである。功罪を別に、得がたい人物であったことは告別式に参列した2000人を超える友人、知人の長い列が証明していた。謹んで、ご冥福をお祈りする。

313

最新のお知らせ

  1. 2018/4/25

    ウクライナ現地のテレビ「24(時間)チャンネル」にて「キエフ安全保障フォーラムKSF2018」でのインタビューが紹介されました。

  2. 2018/4/20

    ウクライナ現地の新聞に「キエフ安全保障フォーラムKSF2018」の様子が紹介されました。

  3. 2018/4/20

    KSFホームページに「キエフ安全保障フォーラム2018」での様子が紹介されました。

  4. 2018/3/15

    3月16日、「NEWSな2人」に出演します。

  5. 2018/2/13

    浜田和幸の推薦文の掲載された書籍が英国で出版されました。

  6. 2018/2/12

    『ネーミング発想・商標出願:かんたん教科書』にて、浜田和幸の著作が引用されました。

  7. 2018/2/11

    春節を祝う「歓楽春節」の記念イベントに出席しました。

  8. 2018/1/23

    新年のご挨拶

一覧へ
トップへ戻る