活動記録 秘書室便りの一覧

  • 2014/11/4

    SAPIO 2014年12月号

    SAPIO12月号の20・21ページに尖閣諸島に関する調査リポートを寄稿し、掲載されました。様々な媒体で書いている、中国側の領有権主張の中身と、巧みなプロパガンダに対する警告で、放置すれば慰安婦問題と同じように国際世論を形成され、既成事実化される危険性があると主張しています。

  • 2014/11/2

    東京新聞総合面 2014年11月02日付

    11月2日付の東京新聞総合面に、浜田議員が質問した「公認ハラル」提起についての記事が掲載されました。イスラム教に対応した食品かどうか判断する基準「ハラル認証」について、現在は任意団体がバラバラに行っています。東京五輪に向けて、これを政府公認の統一規格にしては?という提案ですが、政教分離を謳う憲法に抵触する恐れがあるため、政府は及び腰になっており、今後、訪日外国人の増加に伴い、大きな課題になる可能性があります。

  • 2014/10/24

    国会議員三ツ星データブック 2014年1〜6月質問王ランキング

    1月から6月まで召集された第186回通常国会での国会議員の働きぶりを、質問回数や議員立法数、質問主意書数で三ツ星採点したデータブックが、「NPO法人万年野党」から出版されました。浜田議員は質問主意書ランキングで3位に入ったほか、政党別・委員会別の質問回数ランキングなど随所に名前が出ておりますので、ご参考までに掲載させて頂きます。

  • 2014/10/17

    中国ニュースサイト「光明日報」 2014年10月16日

    2014年10月14日から16日にかけて、中国・天津で国際学術会議が行われました。中国や韓国の代表者が相次いで日本を非難する講演を行う中、浜田議員も国会の合間を縫って駆けつけ、領土や歴史を巡る対立を超えて自然災害や気候変動、環境汚染などの諸課題で近隣諸国同士が協力し合うことの重要性を説きました。

    http://int.gmw.cn/2014-10/16/content_13556276.htm

  • 2014/10/17

    環球時報 2014年10月15日付

    人民日報の国際版「環球時報」に、浜田議員の質問主意書に対する政府答弁書の内容が報じられました。朝日新聞が慰安婦報道の記事を訂正したことで、強制連行の根拠がなくなったにも関わらず、慰安婦像の建立計画は今なお海外で進行中です。こうした現状を改めるための方策について質したところ、「これまで以上に対外発信を強化していく」と答弁した内容が、記されています。国内では、時事通信や産経新聞が同様に報道していますので、関連ページも下記に表示します。

  • 2014/10/13

    日経産業新聞 10月31日付

    2014年10月31日付の日経産業新聞8面に島根県松江市で11月23日に開催されるイベント「出雲から陽が昇る」広告が掲載されました。主催する小松電機産業株式会社から講師として出演依頼を頂き、浜田議員も講演を行う予定です。奮ってご参加頂ければ幸いです。

  • 2014/9/16

    nonfiction J 2014年9月15日

    「nonfiction J」というウェブマガジンに「中国富裕層が支えるカジノで経済は再生されるか」というタイトルのインタビュー記事が掲載されました。今秋の臨時国会で成立予定の統合型リゾート推進法案(いわゆるカジノ法案)に対する懸念材料を上げ、カジノ都市の趨勢を無視した前のめりの構想に警鐘を鳴らしています。具体的には、アジアのカジノ都市でよく見かける中国人富裕層が今後、中国政府の綱紀粛正により利用頻度が落ちる可能性がある点、成功しているマカオやシンガポールが客層を選別しターゲットを絞っているのに対し、米国アトランティックシティのように倒産が相次いでいる失敗例も現れている点などを挙げ、2020年東京オリンピック決定で前のめりに進む、戦略なきカジノ構想が果たして成功するのかどうかをきちんと検証すべきと提唱しています。

    http://nonfiction.jp/%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F/12569

  • 2014/9/16

    水墨之友(墨友社出版) 総51月号(2014年夏)

    5月20日から25日にかけて日中友好会館美術館で開催された「祝逐之書法作品日本展」の模様や展示作品をに集めた日中両国同時発行書画季刊『水墨之友』で、除幕式に訪れた浜田議員の写真が数葉掲載されました。

  • 2014/8/19

    tokyo weekender 7月号

    5月9日に開催された「ヨーロッパの日レセプション」での写真が東京ウィークエンダー7月号25ページに掲載されました。ブラジル大使Andre Aranha Correa do Lago氏とEU大使夫人Kaoru Schweisgut氏と共に。

  • 2014/8/11

    CHINA-VI 7月号

    駐日中国大使館の広報誌「CHINA-VI」の7月号で、浜田議員が仲介役となって実現した日中の大学生・留学生による同大使館での友好交流活動が掲載されました。6月16日に程永華大使を招いて開催された「浜田和幸 国際政治経済セミナー」で、会場からの質問に答える形で未来の日中関係発展のために日中の若い人々の交流の必要性を説いた程大使や浜田議員の提案を実現させた企画でした。

最新のお知らせ

  1. 2019/1/30

    本日、「ニューズ・オプエド」に生出演します。

  2. 2018/4/25

    ウクライナ現地のテレビ「24(時間)チャンネル」にて「キエフ安全保障フォーラムKSF2018」でのインタビューが紹介されました。

  3. 2018/4/20

    ウクライナ現地の新聞に「キエフ安全保障フォーラムKSF2018」の様子が紹介されました。

  4. 2018/4/20

    KSFホームページに「キエフ安全保障フォーラム2018」での様子が紹介されました。

  5. 2018/3/15

    3月16日、「NEWSな2人」に出演します。

  6. 2018/2/13

    浜田和幸の推薦文の掲載された書籍が英国で出版されました。

  7. 2018/2/12

    『ネーミング発想・商標出願:かんたん教科書』にて、浜田和幸の著作が引用されました。

  8. 2018/2/11

    春節を祝う「歓楽春節」の記念イベントに出席しました。

一覧へ
トップへ戻る