活動記録 秘書室便りの一覧

  • 2014/5/23

    週刊SPA! 2014/05/27日号

    「トモダチ作戦」巨額賠償訴訟に中韓の影というタイトルで、最悪の場合、総額40兆円にも上る可能性 がある米兵の訴訟提起について、4ページに渡って特集しています。浜田議員は国会でもこの問題を 取り上げ、背後には中韓の影があるのではないかと安倍内閣にも問題提起しています。

  • 2014/5/21

    国際貿易 2014年3月18日付

    3月18日付の「国際貿易」紙に連載されていた岩國哲人氏のコラム「アメリカから中国と日本を見る」で、浜田議員の著書『中国の最大の弱点、それは水だ!』の内容が引用されていましたので、下記にコラムをご紹介致します。

  • 2014/5/9

    人民日報 2014年5月9日付

    4月28日に東京都美術館で開催された「第20回全日中展・東京国際美術大展」の開会式と懇親会の模様が、9日付の人民日報に掲載されました。中国人初のノーベル文学賞を受賞した莫言氏の書法作品特別展もあり、注目を集めた催しで、浜田和幸議員も出品。懇親会での挨拶の内容が写真と共に掲載されています。

  • 2014/5/7

    RECONQUISTA 2014年5月1日付

    下記の「アラブデー2014」の記事と共に、ベトナムの現状と今後について、浜田議員が語った内容が同紙に掲載されました。一水会の木村代表と伊藤事務局長が議員に直接、取材された記事です。浜田議員は1月にフン駐日大使を招いてセミナーを開催し、2月から3月にかけては同国に直接赴き、同国との経済・技術連携に奔走しています。日本と共通の問題を抱えたベトナムの現状を具体的に語っています。

  • 2014/5/7

    RECONQUISTA 2014年5月1日付

    4月7日に東京・日本橋で開催された「アラブデー2014」の模様が掲載されました。今回で6回目となる同レセプションには麻生副総理も駆けつけ、アラブ圏との連帯を謳いました。日本・アラブ間の交流促進に貢献した人への表彰も行われ、外務大臣政務官の時に中東担当として関係強化に尽力し、現在でも中東諸国政府の招請に応じて現地に赴き、政府内での意見交換や講演を続けている浜田議員も受賞の栄誉に与りました。

  • 2014/5/2

    「2015年核不拡散条約再検討会議の準備委員会」での声明文書 2012年5月

    2012年5月にウィーンで行われた「2015年核不拡散条約(NPT)再検討会議に向けた第一回準備委員会」で外務大臣政務官だった浜田議員が発表した声明の文書です。外務省のホームページにも同様の文章がアップされていますので併記します。



    http://www.reachingcriticalwill.org/images/documents/Disarmament-fora/npt/prepcom12/statements/2May_Japan.pdf

    外務省関連ページ

    http://www.vie-mission.emb-japan.go.jp/Statements/s20120502_en.html

  • 2014/4/24

    「知識基盤経済とICT」に関する国際会議パンフレット 2014年4月24-25日

    4月24、25日にサウジアラビアで開催された「知識基盤経済とICT」に関する国際会議に出席した際のパンフレットに議員紹介のプロフィールページがありましたので、掲載します。

  • 2014/4/7

    サウジ外交研究所ページ 2013年2月19日

    2013年2月にサウジアラビアを訪問した際、同国外務省や大学など要請のあった複数の会場で講演を行いました。その中の一つ、外交研究所で円卓会議が行われ、講演した模様が同研究所のホームページで掲載されております


    http://www.ids.gov.sa/sites/en/news/pages/The-Center-for-Asian-Studies-organized-A-Roundtable-Discussion-on-The-Saudi–Japanese-Relations.aspx

  • 2014/4/7

    ボスナ銀行(ボスニア)ニュースレター 2012年4月

    外務大臣政務官だった2012年4月に、ボスニア・ヘルツェゴビナを訪問した際の模様が、当時のボスナ銀行のPDFニュースレターに記載されていました。 内戦終結後のボスニア・ヘルツェゴビナの安定・発展に向けた課題について、政府首脳や各国外交団と意見交換するために同国を訪問。アメル・ブクビッチ・ボスナ国際銀行頭取(Amer BUKVIC, Chief Executive Officer, Bosna Bank International)とは,今後の両国の経済関係強化について意見交換を行いました。2年経過した現在、国際政治の焦点は1000キロ以上北西にあるウクライナへ。時の移ろいと国際政治の変化を実感します。

  • 2014/4/2

    月刊経営塾フォーラム 2014年4月号

    2月27日にキャピトルホテル東急で行われた第305会「経営塾」例会で、講師を務めた浜田議員の掲講演内容が機関紙に掲載されました。テーマは「対中、対米政策が与えるアベノミクスへの影響」。日中関係のみならず日米関係も次第に懸念材料が増す現在の状況を解説しています。

    5ページ
    6・7ページ

最新のお知らせ

  1. 2019/1/30

    本日、「ニューズ・オプエド」に生出演します。

  2. 2018/4/25

    ウクライナ現地のテレビ「24(時間)チャンネル」にて「キエフ安全保障フォーラムKSF2018」でのインタビューが紹介されました。

  3. 2018/4/20

    ウクライナ現地の新聞に「キエフ安全保障フォーラムKSF2018」の様子が紹介されました。

  4. 2018/4/20

    KSFホームページに「キエフ安全保障フォーラム2018」での様子が紹介されました。

  5. 2018/3/15

    3月16日、「NEWSな2人」に出演します。

  6. 2018/2/13

    浜田和幸の推薦文の掲載された書籍が英国で出版されました。

  7. 2018/2/12

    『ネーミング発想・商標出願:かんたん教科書』にて、浜田和幸の著作が引用されました。

  8. 2018/2/11

    春節を祝う「歓楽春節」の記念イベントに出席しました。

一覧へ
トップへ戻る